前へ
次へ

ヘアケアを知るための、パサパサになる原因

ヘアケアを知るためには、逆の発想として、髪の毛がダメージを受ける中でパサパサになる原因について知っておくのも大切です。
髪の毛には、構造上、キューティクルと呼ばれる層によって、髪の毛の内部が守られています。
このキューティクルは、髪の毛の内部の水分を保つ働きや、髪の毛のタンパク質を守る役割があります。
キューティクル自身が、光に反射して、髪の毛のツヤを作り出す場合もあります。
ヘアケアの基本的な考えは、このキューティクルを守るためのケアであり、キューティクルが壊れてしまうと、内部の水分が外へ出てしまい、髪の毛がパサパサになってしまうのです。
髪の毛のしなやかさは、キューティクルのしなやかさが生み出しています。
柔らかい層は、熱に弱く、強い刺激にも弱い特徴があります。
そのため、高温のドライヤーを当てすぎたり、力強くブラッシングなどをしたりすると、キューティクルが壊れ、髪の毛のダメージへと繋がります。
ヘアケアは、シャンプーなどによっての影響もありますが、それ以上に最も大切なのは自分自身が行うケアでもあるでしょう。

Page Top