前へ
次へ

ヘアケアでは洗い方と乾かし方が大切です

髪に潤いと栄養分を残すような洗髪がヘアケアには重要です。
湯を使った洗いをシャンプーの前に2回して、頭皮についた汚れをしっかり落とすことから始めます。
これによってシャンプーの泡立ちもよく洗髪することができます。
洗髪剤を大量に使い過ぎないことが髪の健康にとって大切です。
さらに、髪の毛が生えてくる場所の毛根を詰まらせるような洗浄剤の洗い残しもヘアケアにとってよくありません。
爪を立てず、指の腹を使って毛根からしっかり洗い流すことが大切です。
洗うときに髪の毛同士を擦り合わせることもダメージを与えます。
洗髪の後は、潤いと栄養を補充する整髪剤を使います。
ドライヤーによる乾燥は、髪にとって大切な作業です。
濡れたままの髪は、擦り合わせることに弱く傷つきやすいです。
そのままにしておくと水分が蒸発しすぎてしまうので、丁寧にブローすることが必要です。
濡れていては紫外線の影響も受けやすいことにも留意する必要があります。

Page Top